ドライアイで視力が低下する!?

 

現代に生きる人にとって「ドライアイ」はつきものとも言える病気のひとつですが、「たかがドライアイ」と軽く見ていませんか?

 

ドライアイは軽く考えていると実はコワーイ病気だったりするんです。ドライアイを放置していると視力の低下にもつながりますので正しい知識でドライアイに対応しましょう。

 

 

ドライアイの原因について

 

ドライアイはおおざっぱに言ってしまうとその名の通り眼が乾いた状態の事を指します。

 

眼が乾いているとうのは眼の保護に欠かせない涙の量が不足していたり、涙の質の低下によって眼の全体に行きわたらなくなってしまう病気の事です。
涙が不足する原因には長時間のスマホやパソコンの使用やコンタクトレンズの利用、空気の乾燥に影響を受けるといわれています。

 

 

ドライアイによる視力の低下

上でご紹介したようにドライアイは涙の量、質の低下してしまった状態を指しますが、
その状態のままだと目が保護されずに眼の乾燥やゴミなどで角膜に傷がついてしまい、視力の低下を招いてしまいます。

 

さらにその傷が原因となって「角膜炎」という病気にもなる可能性があり、さらに視力が低下したり、最悪の場合失明という事もあり得ます。

 

 

ドライアイの治療と対策

ドライアイはきちんとした治療を受ければ十分に完治する病気です。

 

現在ではドライアイの治療法としてムチンを含む点眼薬もありますから、ドライアイが気になるかたは一度眼科医で診断をしてもらった方がいいでしょう。

 

ただし、一度完治したとしても生活習慣を見直さないと再発する事が多々ありますので注意が必要です。

 

特に、パソコン、エアコン、コンタクトレンズの使用状況を改善することは、ドライアイにならない対策や症状の緩和に効果的と言われています。

 

また、目の健康に必要な栄養素を健康食品から摂取する人も増えているようです。

 

こちらでもご紹介していますので興味があればご参照ください。