視界がぼんやりしてしまうのは乱視の影響?

 

「最近視界がぼんやり見えるなあ~。睡眠は足りてるはずなんだけどな~。」と感じる事が増えたあなた、片方ずつ目を覆ってみると余計に視界が霞んだりしていませんか?

 

近くを見るときははっきりと見えるのに、遠くを見ると視界がぼやける人は近視ですが、近くでも遠くでも遠近に関係なくぼんやりと見えているのであれば、もしかしたらあなたのぼんやり視界の原因は「乱視」かもしれません。

 

 

乱視になってしまう原因について

そもそも乱視というのはどういう状況なのでしょうか?

 

乱視は眼のピント機能の低下によって発生する近視や遠視とは違って、目の角膜や水晶体が歪んている事によって正しく光が目に映らない状態の事を言います。

 

人間だれしも角膜や水晶体が多少なり歪んでいるので、乱視というのは目の良い悪いに関わらずあるものです。
ですが、眼が健康な方ですと多少のゆがみは脳の機能によって修正されるのでぼんやり見えずはっきりとした視界として映ります。

 

近視や遠視で目の機能が低下している人は乱視になりやすいようです。
眼の機能が低下している状態でさらに目を酷使していると後天的に角膜や水晶体が変形してしまう事があります。

 

 

もしあなたが視界がぼやけていて乱視かな?と思ったら、まずは眼科医で診察を受けるのが先決です。
素人判断では判断できない為、まずは乱視なのか、どうなのかをはっきりさせましょう。
その上でメガネやコンタクトで矯正が必要かどうか確認する必要があります。

 

 

 

メガネの要不要に問わず、乱視も進行する事がありますので、目を酷使してしまう環境であれば出来るだけ目をいたわってあげた方がいいですね。

 

こちらで眼のケアについてご紹介していますので、よかったら合わせてチェックしてみてください。